太陽光発電で快適エコ生活

- 太陽電池モジュールを選ぶ

太陽電池モジュールを選ぶ

太陽光発電システムに使用されている太陽電池モジュールにはいろんな種類があります
その種類の一つに単結晶シリコン型太陽電池があるのですが、その太陽電池のメリットそしてデメリットを紹介したいと思います。

単結晶シリコン型太陽電池はシリコンの結晶が一つになっていて、とても高い発電効率を可能にしているんです。
太陽光発電システムにとって発電効率が高いということはとてもいいことになっていて、嬉しいメリットなのかと思います。

しかしメリットがあればどうしてもデメリットも存在をしてしまっていて、この単結晶シリコン型太陽電池は製造コストが高いというデメリットと熱に弱いというデメリットがあります。
安い太陽電池モジュールの多結晶シリコン型に比べると製造工程がすこし複雑になっているのでどうしても製造コストが高くなってしまうのです。
そしてこの単結晶シリコン型太陽電池はとても熱に弱いという特徴があります。

とても暑くなってしまうとどんどんと発電効率がさがってきてしまい、思っている以上に発電をしてくれなくなってしまうんです。
この暑さに弱いというのが大きなデメリットとなってしまっていて、とても暑い地域の沖縄などにはあまり適していない太陽電池モジュールとなっているのです。

暑い地域には単結晶シリコン型や多結晶シリコン型ではなくてHIT太陽電池や化合物系太陽電池がおすすめになっています。
その地域に合わせて太陽電池モジュールを選ぶということが必要となってしまうことですね。

設置にかかる時間

太陽光システムを設置しようかなと検討している方で気になることが設置にかかる時間はどのくらいなのかなってことですね。
では太陽光発電システムを設置にかかる時間はどのくらいになっているのかを説明したいと思います。
まず太陽光発電システムを導入することによって補助金がでるのですが、補助金の申請は施工前にして申請が受理された通知が来てからの工事となります。

太陽光発電システムはとても高価なのですが、設置するのはそんなに時間がかからなくて、大体1週間程度で工事が完了します。
ただし雨が降ってしまうと感電をしてしまう恐れがでてしまうので雨の日は工事がストップしてしまうのでその場合はもうちょっと工事に時間がかかってしまいます。
工事完了をしたらすぐに使用できるということではありません。

太陽光発電では売電をすることができるので売電メーターを取り付けることが必要となります。
売電メーターの取り付けは施工業者ではなくて電力会社が取り付け工事を行います。
売電メーターの設置が終わってから2日ぐらいで検査が入り、そして2週間程度で電力連係が行われます。

そこでやっと太陽光発電システムを使用することができるので、施工には時間があまりかからないのですが、その他で時間がかかってしまうので3週間程度必要となります。
太陽光発電システムを設置してもらうのにそんなに時間がかかりませんので昼家にいてもそんなに苦にならないかなって思います。

トップ | イオンの太陽光発電・オール電化
トップ | イオンの太陽光発電・オール電化
  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2014年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
太陽光発電ならソーラーフロンティア|CIS太陽電池、補助金制度、製品情報のご紹介
太陽光発電ならソーラーフロンティア
LIXILの住宅用太陽光発電システム|LIXILエナジー株式会社
LIXILの住宅用太陽光発電システム
太陽光発電ならカナディアン・ソーラー
太陽光発電ならカナディアン・ソーラー
△PAGE TOP